きさらぎ賞特集

京都 芝右 外1800m サラ系3歳オープン ○国際○特指(別定)
  • IPAT
2014年優勝馬 トーセンスターダム

2014年優勝馬:トーセンスターダム

2014年2月9日 2回京都4日目
天候:晴 芝:稍重 発走時間:15:35

パズルダービー

プロの決断・レース回顧

参考ステップレース

きさらぎ賞
2014/2/9 京都 芝1800m
レース結果 /レース映像

プレミアムサービスをご利用の方は、写真をクリックするとレース映像がご覧いただけます。

過去全着順

開催日 レース名 距離

タイム 勝ち馬 騎手 調教師 映像
2014/02/09 きさらぎ賞 京都 芝1800 9 1:47.6 トーセンスターダム 武豊 [西]池江泰寿
2013/02/03 きさらぎ賞 京都 芝1800 8 1:48.9 タマモベストプレイ 和田竜二 [西]南井克巳
2012/02/05 きさらぎ賞 京都 芝1800 13 1:47.0 ワールドエース 小牧太 [西]池江泰寿
2011/02/06 きさらぎ賞 京都 芝1800 12 1:47.6 トーセンラー デムーロ [西]藤原英昭
2010/02/14 きさらぎ賞 京都 芝1800 11 1:48.6 ネオヴァンドーム デムーロ [西]藤原英昭
2009/02/15 きさらぎ賞 京都 芝1800 10 1:48.9 リーチザクラウン 武豊 [東]橋口弘次
2008/02/17 きさらぎ賞 京都 芝1800 15 1:48.8 レインボーペガサス ペリエ [西]鮫島一歩
2007/02/11 きさらぎ賞 京都 芝1800 8 1:48.8 アサクサキングス 武幸四郎 [西]大久保龍
2006/02/12 きさらぎ賞 京都 芝1800 12 1:47.4 ドリームパスポート 安藤勝己 [東]松田博資
2005/02/13 きさらぎ賞 京都 芝1800 9 1:48.5 コンゴウリキシオー 藤田伸二 [西]山内研二
2004/02/15 きさらぎ賞 京都 芝1800 14 1:48.0 マイネルブルック 藤田伸二 [東]田村康仁
2003/02/16 きさらぎ賞 京都 芝1800 14 1:49.6 ネオユニヴァース 福永祐一 [西]瀬戸口勉
2002/02/10 きさらぎ賞 京都 芝1800 11 1:47.6 メジロマイヤー 飯田祐史 [西]田島良保
2001/02/11 きさらぎ賞 京都 芝1800 12 1:47.9 アグネスゴールド 河内洋 [西]長浜博之
2000/02/13 きさらぎ賞 京都 芝1800 12 1:48.0 シルヴァコクピット 武豊 [地]安田隆行
1999/02/07 きさらぎ賞 京都 芝1800 15 1:49.1 ナリタトップロード 渡辺薫彦 [西]沖芳夫
1998/02/08 きさらぎ賞 京都 芝1800 16 1:51.3 スペシャルウィーク 武豊 [西]白井寿昭
1997/02/02 きさらぎ賞 京都 芝1800 10 1:49.1 ヒコーキグモ 松永幹夫 [西]谷潔
1996/02/04 きさらぎ賞 京都 芝1800 10 1:48.2 ロイヤルタッチ ペリエ [西]伊藤雄二
1995/02/05 きさらぎ賞 京都 芝1800 9 1:47.6 スキーキャプテン 武豊 [西]森秀行
1994/02/06 きさらぎ賞 阪神 芝2000 11 2:07.4 サムソンビッグ 田所秀孝 [西]鹿戸幸治
1993/02/14 きさらぎ賞 京都 芝1800 12 1:48.1 ツジユートピアン 田原成貴 [西]伊藤修司
1992/02/16 きさらぎ賞 京都 芝1800 12 1:48.5 ヒシマサル 田島信行 [西]佐山優
1991/02/10 きさらぎ賞 京都 芝1800 11 1:48.2 シンホリスキー 南井克巳 [西]岩元市三
1990/02/11 きさらぎ賞 阪神 芝2000 12 2:04.1 ハクタイセイ 須貝尚介 [西]布施正
1989/02/12 きさらぎ賞 京都 芝2000 9 2:03.6 ナイスナイスナイス 丸山勝秀 [西]長浜博之
1988/02/14 きさらぎ賞 京都 芝2000 8 2:04.3 マイネルフリッセ 武豊 [西]中村均
1987/02/15 きさらぎ賞 京都 芝2000 8 2:04.6 トチノルーラー 蛯沢誠治 [東]栗田博憲
1986/02/09 きさらぎ賞 中京 芝1800 11 1:50.8 フミノアプローズ 丸山勝秀 [西]土門一美
1983/02/13 きさらぎ賞 中京 芝1800 7 1:50.1 ニホンピロウイナー 武邦彦 [西]服部正利

レースガイド

 当競走は、61年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞競走で、創設当初は中京競馬場の砂馬場・1200mで行われていた。その後、距離・コースの変更を経たのち、71年から86年まで中京競馬場・芝1800mで行われていた。さらに、87年に舞台を京都競馬場・芝2000mに移されたが、91年から同競馬場に前年新設された芝1800mの外回りコースに変更して行われている(90年と94年は阪神競馬場・芝2000mで開催)。

 出走資格は、72年から混合競走となり、外国産馬に門戸が開放された。また、96年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬は2頭まで出走が認められた。さらに、09年から国際競走に指定され、外国馬は8頭まで出走可能となった。

 関西における春のクラシックレースへの登竜門として多くの有力馬を送り出しており、過去の優勝馬からネオユニヴァース(03年皐月賞日本ダービー)などのクラシックホースを輩出している。

がついているサービスはプレミアムサービスにご登録いただきますとご利用いただけます。

おすすめ商品