ユニコーンS特集

東京 ダ左1600m サラ系3歳オープン (国際)(指)(別定)
  • IPAT
2017年優勝馬 サンライズノヴァ

2017年優勝馬:サンライズノヴァ

2017年6月18日 3回東京6日目
天候:雨 ダ:- 発走時間:15:45

プロの決断・レース回顧

参考ステップレース

ユニコーンS
2017/6/18 東京 ダ1600m
レース結果 /レース映像

プレミアムサービスをご利用の方は、写真をクリックするとレース映像がご覧いただけます。

過去全着順

開催日 レース名 距離

タイム 勝ち馬 騎手 調教師 映像
2017/06/18 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:35.9 サンライズノヴァ 戸崎圭太 [西]音無秀孝
2016/06/19 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:35.8 ゴールドドリーム 川田将雅 [西]平田修
2015/06/21 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:35.9 ノンコノユメ ルメール [東]加藤征弘
2014/06/22 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.0 レッドアルヴィス 蛯名正義 [西]安田隆行
2013/06/16 ユニコーンS 東京 ダ1600 15 1:36.0 ベストウォーリア 戸崎圭太 [西]石坂正
2012/06/03 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.5 ストローハット 福永祐一 [東]堀宣行
2011/06/04 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.2 アイアムアクトレス 秋山真一 [西]長浜博之
2010/06/06 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.6 バーディバーディ 松岡正海 [西]池江泰郎
2009/06/06 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:35.5 シルクメビウス 田中博康 [西]領家政蔵
2008/06/07 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:35.1 ユビキタス 安藤勝己 [東]鈴木伸尋
2007/06/02 ユニコーンS 東京 ダ1600 15 1:36.9 ロングプライド 武豊 [西]小野幸治
2006/06/03 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:37.2 ナイキアースワーク 横山典弘 [地]大久保龍
2005/06/04 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.5 カネヒキリ 武豊 [西]角居勝彦
2004/06/05 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.0 トップオブワールド 四位洋文 [西]藤岡健一
2003/06/07 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:35.8 ユートピア 安藤勝己 [西]橋口弘次
2002/06/01 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.4 ヒミツヘイキ 左海誠二 [地]岡林光浩
2001/06/02 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.4 ナスダックパワー 江田照男 [地]石坂正
2000/09/30 ユニコーンS 中山 ダ1800 16 1:50.7 アグネスデジタル 的場均 [西]白井寿昭
1999/10/02 ユニコーンS 中山 ダ1800 13 1:52.6 ゴールドティアラ 田中勝春 [西]松田国英
1998/10/03 ユニコーンS 中山 ダ1800 11 1:52.0 ウイングアロー 南井克巳 [西]工藤嘉見
1997/10/04 ユニコーンS 東京 ダ1600 16 1:36.8 タイキシャトル 岡部幸雄 [東]藤沢和雄
1996/09/28 ユニコーンS 中山 ダ1800 14 1:52.8 シンコウウインディ 岡部幸雄 [東]田中清隆

レースガイド

 当競走は、ダート競走体系の整備に伴い、4歳(現3歳)限定のGIIIの重賞競走『ユニコーンS』として96年に新設され、中央競馬の4歳(現3歳)馬による、初のダート重賞競走となった。

 第1回は、負担重量は定量で秋の中山競馬場・ダート1800mを舞台に行なわれた。しかし、翌97年に東京競馬場・ダート1600mへ変更、さらに98年から00年まで再び中山競馬場のダート1800mで行われたのち、01年から開催時期を6月に繰り上げたうえ、別定重量に変更して東京競馬場・ダート1600mを舞台に行なわれるようになり、現在に至っている。

 出走資格は、創設時から混合競走に指定され、外国産馬の出走が認められている。また、中央競馬指定交流競走として、地方馬は5頭まで出走が認められていたが、09年から4頭に変更された。さらに同年に国際競走となり、外国馬は8頭まで出走可能となった。

 過去には、00年の優勝馬アグネスデジタルが01年の香港C(国際G1)を制した他、国内GI・5勝(地方競馬含む)を挙げる活躍を見せた。そのほかでは、05年の優勝馬カネヒキリが、のちに05年と08年のジャパンCダートおよび06年のフェブラリーSを制するなど、錚々たるメンバーが歴代勝ち馬に名を連ねている。

 競走名の『ユニコーン(Unicorn)』は、ヨーロッパの伝説上の動物で、馬の体にねじれた一本の角を持ち、その角には解毒する力があると信じられた。

がついているサービスは月額コースにご登録いただきますとご利用いただけます。