有力馬最新情報・追い切り特報

プロの決断・レース回顧

参考ステップレース

ドバイワールドカップ
2017/3/26 メイダン ダ2000m
レース結果

プレミアムサービスをご利用の方は、写真をクリックするとレース映像がご覧いただけます。

過去全着順

開催日 レース名 距離

タイム 勝ち馬 騎手 調教師 映像
2016/03/26 ドバイワールドC UAE ダ2000 12 2:01.8 カリフォルニアクローム エスピノ [外]
2015/03/28 ドバイワールドC UAE ダ2000 9 2:03.2 プリンスビショップ ビュイッ [外]
2014/03/29 ドバイワールドC UAE ダ2000 16 2:01.61 アフリカンストーリー デソウサ [外]
2013/03/30 ドバイワールドC UAE ダ2000 12 2:03.21 Animal Kingdom ロザリオ [外]
2012/03/31 ドバイワールドC UAE ダ2000 14 2:02.67 モンテロッソ バルザロ [外]
2011/03/26 ドバイワールドC UAE ダ2000 14 2:05.94 ヴィクトワールピサ Mデムー [西]角居勝彦
2010/03/27 ドバイワールドC UAE ダ2000 14 2:03.83 Gloria de Campeao ペレイラ []
2009/03/28 ドバイワールドC UAE ダ2000 14 2:01.0 ウェルアームド グライダ [外]
2008/03/29 ドバイワールドC UAE ダ2000 12 2.00.1 Curlin アルバラ []
2007/03/31 ドバイワールドC UAE ダ2000 7 1:59.9 インヴァソール ハラ []マクラク

レースガイド

 1995年に シェイクモハメド氏が創設した国際レース。第1回は1996年にナドアルシバ競馬場のダート2000mにて行われ、米国のシガーが優勝。その後1998年、国際GIに昇格している。2009年まではナドアルシバ競馬場で実施されていたが、2010年からメイダン競馬場のオールウェザー2000mに条件が変更され行われていた。2015年から戦いの舞台がメイダン競馬場のダート2000mに再度変更となった。

 世界最高レベルの賞金額を誇るレースとして広く認知され、世界各地から一流馬が参戦するビッグレースである。過去の勝ち馬にも、1996年のジャパンCも制したシングスピール、6馬身差で圧勝したDubai Millennium、エレクトロキューショニスト Electrocutionistなど歴史的名馬が名を連ねる。日本馬の参戦も多く、第1回からライブリマウント(6着)が挑戦。第2回に出走した砂の女王・ホクトベガが競走中止し予後不良となるなど、しばらくは苦戦が続いたが、01年にトゥザヴィクトリーキャプテンスティーヴの2着に好走。2011年はヴィクトワールピサが日本馬初の優勝を飾り、2着にもトランセンドが入るワンツー決着となった。

がついているサービスは月額コースにご登録いただきますとご利用いただけます。