スマートフォン版へ

11R

秋華賞 

芝2000m / 天気:雨 / 馬場:重 / 発走:15:40

4回京都5日目 3歳 サラ3歳オープン

(国際)牝(指定)馬齢 18頭

本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円

丹下日出夫の予想

◎ 1番 アエロリット
○ 16番 ファンディーナ
▲ 14番 ディアドラ
☆ 2番 ラビットラン
△ 4番 モズカッチャン
△ 7番 リスグラシュー
△ 13番 リカビトス

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 1
相手| 2, 4, 7, 13, 14, 16
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 1
2着 | 16
相手| 2, 4, 7, 13, 14
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 1
2着 | 14
相手| 2, 4, 7, 13, 16
30通り 各100円

コメント

【実り多い秋】アエロリットは、私たちが思うよりずっと速く、さらにこれから強くなる。桜花賞は完成途上の中での遠征。出遅れに加えペースはスロー。渋った馬場で無理に動かすと摩耗も大きい。終いジワリと差を詰めただけの5着に終わったが、NHKマイルは体も心も少しは成長した。ならば先手、前半1000m通過・57秒9というミドルラップを、二番手追走から直線半ばで早々に先頭に立ち、小細工なしに後続を封印。1分32秒3というタイムは、前年のメジャーエンブレムより0秒5速く、過去10年では3位だった。

 前走のクイーンSは、前半3F・12秒2-11秒2-11秒8というラップで先頭を切り、1000m通過は58秒3のミドル。ラスト3F・12秒1-11秒5-11秒9という絶妙なラップを踏み、後続に2馬身半差の1分45秒7、タイレコードでV。496キロに増量し、コーナー4つの右回り、京都内回り2000mの走り方をシミュレーションできた。

 NHKマイルの頃の調教と今とでは、質も量も雲泥の差があり、底知れない能力が、調教のステップアップにも見て取れる。木曜日発表の体重を見ると、今度は480キロ後半だろうか。枠はロスのない絶好の1番、好位のポケットに収まれば、あとは追い出しのタイミングをうかがうだけ。

 対抗はファンディーナ。後続を1秒5差にちぎったデビュー戦から、あふれんばかりのスケールを示していたが、能力の起点であり原点は二戦目の京都1800mのつばき賞だったか。スローの上り勝負とはいえ12秒2-10秒7-11秒0(3Fは33秒9)というレースの上りに対し、自身のソレは33秒0。終い1-2Fを推定10秒5前後の仰天ラップで駆け抜けた傑物。

 牡馬相手の皐月賞は、タフなミドルラップでも見せ場を作ったものの、ハードローテの影響で体調下降。あの7着は仕方ない。その春を教訓に、今季は秋華賞を念頭に体造りを考えてきたが、なるほどローズSの体重は22キロ増。心身ともいろんな無駄が目につき、最後の1Fで脚色が鈍ってしまったが、次走のイメージを「型」として示して見せた。予定通り、最終追い切りはCWで11秒台。ここが天井ではないが、よし今度は動くという手ごたえを、陣営も岩田もつかんだ。

 三番手はディアドラ。紫苑Sの上り4Fはすべて11秒台、1分59秒8というタイムは速すぎもなく遅くもなく、疲れを残さないで済んだ。ラビットランのローズSの弾け方と末脚は尋常ではない。絶対的な能力の高さで距離延長も克服する可能性も高いが、ただ阪神・外回りの1800mと秋華賞コースでは、求められるモノが若干異なる。

 ローズS3着のリスグラシューは、ホームで続けて競馬ができ、調教もしっかりと負荷をかけられ上積み十分。常識ではありえないローテーションだが、リカビトスは過去のデータを一気に塗り替える、超大物かもしれない。

いいね!

いいね!:7

◎ 1番 アエロリット
○ 14番 ディアドラ
▲ 2番 ラビットラン
△ 11番 ミリッサ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(BOX)  1, 2, 11, 14
12通り 各400円
3連単(BOX)  1, 2, 11, 14
24通り 各200円

コメント

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

いいね!

いいね!:1

◎ 11番 ミリッサ
○ 8番 カワキタエンカ
▲ 14番 ディアドラ
☆ 9番 ハローユニコーン
△ 2番 ラビットラン
△ 6番 メイショウオワラ
△ 18番 カリビアンゴールド

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 11
相手| 2, 6, 8, 9, 14, 18
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 11
2着 | 8
相手| 2, 6, 9, 14, 18
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 11
2着 | 14
相手| 2, 6, 8, 9, 18
30通り 各100円

コメント

【難解】“3歳牝馬路線はレベルが高い”と言われていたが、そんな話はどこかに吹き飛ぶほど、春シーズンで上位を走っていた馬たちの体たらくが続くこの路線。か弱き牝馬たちを、燃え尽き症候群が襲っている。本命は今となれば、桜花賞、オークスに出られなかったことが功を奏したと判断して、11ミリッサ。エルフィンSや有松特別での切れ味、1800mのローズSでリスグラシューに競り負けた姿を見ると2000mは長いきらいがあるが、そこは誤魔化しのきく京都の内回り。昨年ヴィブロスをGIホースに導いた福永騎手のエスコートで対応が可能。似たり寄ったりのメンバー構成だけに、ゆっくり仕掛けられる同馬が展開面でも有利ではないだろうか。

 ただ前を行く馬で唯一侮れないのが8カワキタエンカ。前走はフロックでは出来ない競馬。勝ち馬を含め上位陣がすべて差し馬という現実を見ても、単にこの馬が強いという結論も頭を過る。別口で同馬の単勝をオススメしたい。14ディアドラはクラシック好走馬の中で唯一、順調な秋シーズンを迎えた馬。課題はルメール騎手のテン乗り。それがハマるか、ハマらないか。そこだけがポイントで、当然力は上位と判断してよいだろう。

いいね!

いいね!:18

がついているサービスは月額コースにご登録いただきますとご利用いただけます。

厳選予想 ウマい馬券