スマートフォン版へ

11R

マイルCS 

芝1600m / 天気:晴 / 馬場:稍重 / 発走:15:40

5回京都6日目 3歳上 サラ3歳上オープン

(国際)(指定)定量 18頭

本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円

丹下日出夫の予想

◎ 13番 グランシルク
○ 18番 ペルシアンナイト
▲ 11番 エアスピネル
☆ 12番 イスラボニータ
△ 5番 サトノアラジン
△ 7番 レッドファルクス
△ 10番 クルーガー

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 13
相手| 5, 7, 10, 11, 12, 18
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 13
2着 | 18
相手| 5, 7, 10, 11, 12
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 13
2着 | 11
相手| 5, 7, 10, 12, 18
30通り 各100円

コメント

【これが完成形】日曜日は晴れ、良馬場の瞬発力決着になれば、グランシルクで馬券も勝負。本格化までに時間を要したものの、二走前の京成杯AHは、前半1000m通過57秒1というよどみのない平均ペースを踏み、上り3Fのレースラップは11秒5-11秒6-11秒4(34秒5)。タフで厳しい流れにも関わらず、4コーナーは余裕綽々。直線坂下から追い出すと、あっというまに前を行く馬たちをごぼう抜き。自身の上りは33秒4を計時、中山の急坂を残り2F推定11秒を切る猛ラップで突き抜け、完成形を描けた。京成杯後は、本番のマイルCSまでに、どこかでひとつレースを使わなくてはいけない。スワンSだと、関西圏への輸送は二回になる。

 ならばと富士Sを前哨戦に選んだが、自己最高体重となる510キロが示す通り若干重め。しかも瞬発力をそがれる不良馬場…。ダメージのないよう、そっと回ってくるしかなかったが、目いっぱいに追っていないぶん、オツリは残せた。本番はあくまで今回。土曜日の予報は雨、先週の京都は内有利という馬場も微妙だが、日曜日に田辺は芝レースで3鞍騎乗。ひとつ前の10Rで外回りも体験できる。幸いにも枠順は、人気のエアスピネル、イスラボニータがすぐ隣り。コース取りや追い出しのタイミングもはかりやすくなった。田辺というジョッキーは、一発必中の単勝勝負型でもある。前回の惨敗で人気も急落、逆に配当的に絶好の狙い目でしょう。

 相手本線も富士S経由のペルシアンナイト。皐月賞は1000m通過が59秒0というタフなミドルラップと、イン強襲がハマったことも確か。しかし2000m・1分57秒8というタイレコードは、絶対能力とスピードの証。その皐月2着の起点はマイルのアーリントンCがベースであり、1分34秒1という走破タイムは過去10年で第2位だった。前哨戦の富士Sは、休み明けでマイナス体重ぶんだけ筋力が不足。不良馬場に脚をからめとられ5着と詰め切れなかったが、木曜日発表の体重は14キロ増の490キロに膨らんだ。古馬との力関係もほぼ把握できた。M・デムーロも数あるお手馬の中から本馬をチョイスしている。

 単穴はエアスピネル。3歳時はクラシック三冠に参戦。二走前2000mの札幌記念も試してみたが、5着敗退で距離をシフトチェンジ。マイル路線に絞り込んだこの秋は、心身ともに覚悟が違う。前走の富士Sは得意の道悪に恵まれたことも確かだが、直線半ばで勝負あった。京都マイルは[2100]、やや緩めの今の京都の馬場を、もっとも利用しやすいのは自在型の同馬。ムーアを配し悲願のGI奪取にリーチ。

 イスラボニータは、ひも解けば2014年の皐月賞馬。富士Sは久々、斤量は58キロ。底力で2着に追いあげてきたが、競走馬時代晩年6歳秋は一戦必勝、是が非でももう一つGIタイトルが欲しい。歳は重ねたが、今年はずっと、絶好調時の伸びやかさを維持している。

 サトノアラジンは、今春安田記念優勝。毎日王冠も2着、6歳となり充実著しい。ただ、よほど雨が嫌いなのだろう。天皇賞は、雨粒が当たっただけで泣いていたし、重馬場ではフットワークが縮こまり、走ろうとしなかった。しかし、良馬場なら大外一気の大逆転がある。1Fが微妙に長いが、レッドファルクスも脚元充実、今は馬体を思うように造れる。

いいね!

いいね!:12

◎ 7番 レッドファルクス
○ 11番 エアスピネル
▲ 18番 ペルシアンナイト
△ 10番 クルーガー

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(BOX) 的中 7, 10, 11, 18
12通り 各400円
3連単(BOX)  7, 10, 11, 18
24通り 各200円

コメント

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

いいね!

いいね!:11

◎ 12番 イスラボニータ
○ 14番 ガリバルディ
▲ 10番 クルーガー
☆ 3番 ヤングマンパワー
△ 9番 レーヌミノル
△ 11番 エアスピネル
△ 13番 グランシルク

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 12
相手| 3, 9, 10, 11, 13, 14
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 12
2着 | 14
相手| 3, 9, 10, 11, 13
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 12
2着 | 10
相手| 3, 9, 11, 13, 14
30通り 各100円

コメント

【穴ムード】本命は12イスラボニータ。ここ数年勝ちきれてはいないものの、同馬を基準にマイル路線は展開されていた印象。すなわち◎を豪快に負かすことで、マイルのトップホースを見つけようというテーマの下、行われていた。しかし、残念ながらそのようなスターホースは誕生しなかった。去年のマイルCS以降も5戦4連対。唯一の大敗、安田記念はマイラーズCでキャラに似合わず勝ちきってしまった反動と考えれば納得で、年齢による衰えはないだろう。そして前走の富士Sは、自身が確立した“マイルCSでそこそこ走る”という条件である「勝たないまでも好走する(2着)」をクリア。ここも3連マルチ馬券の軸として信頼できるはずだ。相手は大きくひねって14ガリバルディ。前走7着と買い材料に乏しいが、前残りだった去年のマイルCSで上り最速。年齢も年齢だけに、GIの勲章を本気で狙いに来るならココ。相性の良いディープインパクト産駒。一発があるなら同馬だろう。10クルーガーは去年の春にマイラーズCを勝利。あくまで富士Sは叩き台だったはずだが、予想以上の収穫のあるレースだった。状態もグングンアップ。俄然色気が出てきた。

いいね!

いいね!:10

がついているサービスは月額コースにご登録いただきますとご利用いただけます。

厳選予想 ウマい馬券