スマートフォン版へ

11R

ローズS 

芝1800m / 天気:曇 / 馬場:良 / 発走:15:35

4回阪神4日目 3歳 サラ3歳オープン

(国際)牝(指定)馬齢 18頭

本賞金:5200、2100、1300、780、520万円

丹下日出夫の予想

◎ 17番 ファンディーナ
○ 2番 モズカッチャン
▲ 6番 リスグラシュー
☆ 14番 ラビットラン
△ 4番 ミスパンテール
△ 5番 ミリッサ
△ 10番 レーヌミノル

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 17
相手| 2, 4, 5, 6, 10, 14
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 17
2着 | 2
相手| 4, 5, 6, 10, 14
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 17
2着 | 6
相手| 2, 4, 5, 10, 14
30通り 各100円

コメント

【格は一つ上】歴史的牝馬の誕生を思い、皐月賞はファンディーナに本命を打った。しかし1000m通過は息の入りにくい59秒0のミドルペース。しかも後半4Fからさらに、11秒9-11秒4-11秒4-11秒7という11秒台のラップが続き、1分57秒8のレコードタイで決着を見た。ファンディーナは、その激流を直線入り口早くも先頭。牡馬を相手のGIで横綱相撲をとり切るのは、さすがに厳しかった。ただ、ひも解けば、つばき賞はラスト3F・12秒2-10秒7-11秒0(3Fは33秒9)というレースラップに対し、自身の上がりは33秒0。最後の1-2Fを推定10秒5前後のラップを叩き出した傑物。

 フラワーCも、12秒4-11秒2-11秒7(3Fは35秒3)という流れを、上がりを34秒9でゴボウ抜き。4コーナー手前の2F目あたりを11秒2で瞬時に動き、しかも坂上から持ったままで再加速。今年の3歳牝馬は桜花賞・オークス組も層が厚く、レースの中身も濃かったが、ファンディーナの器は、牝馬クラシックの一段上に位置している。調教は走らせようと思えば、坂路でいくらでも時計が出る。しかし、競馬週刊誌の写真を見ると、あえて春とは違った仕上げでも、スッキリとシルエットの浮き出た、いい造りができている。

 強敵はオークス2着のモズカッチャン。勝ち馬に最後遊ばれはしたが、本年のオークスの優勝タイムは、あのジェンティルドンナに次ぐ歴代2位。そのHレベル決着を一旦先頭、自身2分24秒4で走った。普通の年ならオークスのタイトルを手にしていただろう。フローラSでは上がり33秒9をマーク、中距離の決め手勝負も問題ない。ハービンジャー×キンカメという本格配合だけに、秋はさらに強くなっている可能性も高い。

 リスグラシューは、当該コースの2歳レコードホルダー。オークスは、出遅れや直線小さな不利もあったが、気性も馬体のラインもマイルから2000mが適鞍。成長力はなくとも、質の高さを言われる3歳世代にあって、阪神JF・桜花賞2着。鞍上に武豊とあれば、まず大崩れは考えにくい。

 大駈けがあればラビットラン。前走は初の芝。気楽な立場の直一気がハマったにせよ、33秒0の加速ラップは凄味十分。アメリカ血統だけに、少し渋ったパワー馬場、外回りの阪神1800mという条件もいい。

 レーヌミノルは、歴代でも強く速い桜花賞馬の範疇に入っている。阪神1600mがこなせるマイラーなら、9Fも大丈夫なのだが、今年は中距離系のメンバーが相当強力。最後は距離適性が出てしまうかもしれない。ミリッサは、春は体力不足に泣いた。近二走の間に着実に力をつけてはいるが、うーん。今回は試金石かなぁ…。まだ稽古で引っかかったり、臆病な面は解消し切れていないかもしれないが、ミスパンテールの資質を連穴に警戒。

いいね!

いいね!:44

◎ 1番 クイーンマンボ
○ 17番 ファンディーナ
▲ 14番 ラビットラン
△ 5番 ミリッサ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(BOX)  1, 5, 14, 17
12通り 各400円
3連単(BOX)  1, 5, 14, 17
24通り 各200円

コメント

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

いいね!

いいね!:14

◎ 10番 レーヌミノル
○ 5番 ミリッサ
▲ 7番 メイズオブオナー
☆ 6番 リスグラシュー
△ 2番 モズカッチャン
△ 4番 ミスパンテール
△ 16番 カワキタエンカ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 10
相手| 2, 4, 5, 6, 7, 16
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 5
相手| 2, 4, 6, 7, 16
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 7
相手| 2, 4, 5, 6, 16
30通り 各100円

コメント

【上位拮抗】オークス馬不在も、桜花賞1、2着馬、オークス2着馬参戦の見ごたえのあるレース。本命は、唯一のGIホース10レーヌミノル。実績もさることながら今週の鍵は天候。同馬が根性で前へ前へと進むタイプでもあり、切れ味比べにならないことは歓迎材料。オークスは明らかに距離が長かったが、桜花賞のレースっぷりから、1ハロン延長くらいだと減点材料にはならない。レベルが高いと言われる3歳牝馬で、中心的存在として存在感をアピールしてきた馬だけに、細かいことは抜きにした貫禄勝ちに期待する。

 対抗は春の鬱憤を夏に豪快に晴らした5ミリッサ。秋の大舞台に立てなかった姉の分までも活躍するためには、ここでは最低でも権利を勝ち取りたい。穴で狙いたいのは7メイズオブオナー。前走500万とはいえ絶望的な位置から追い込んできた末脚はインパクト大。藤原英厩舎だけに計算があっての参戦と考えたほうが良さそう。

いいね!

いいね!:24

がついているサービスは月額コースにご登録いただきますとご利用いただけます。

厳選予想 ウマい馬券