11R
鳴尾記念
15:35発走 / 芝2000m (左) / 天候:曇 / 馬場:良
4回 中京 1日目 サラ系3歳以上 オープン       (国際)(特指) 別定 13頭
本賞金:4100,1600,1000,620,410万円
  • Course コース詳細
  • IPAT連携

レース回顧

■8番人気ユニコーンライオンが逃げ切り重賞初V

 3番ユニコーンライオンがダッシュ良くハナを切り、これに8番ショウナンバルディ、11番クラージュゲリエ、らが続いて最初のコーナーへ。1コーナーを回って、ユニコーンライオンのリードは1馬身。2番手にショウナンバルディ、その外にクラージュゲリエ、直後に12番アメリカズカップと6番ブラヴァス、2頭の内に5番ワイプティアーズと7番サトノソルタスが続く。

 1馬身半差で4番ペルシアンナイト、1馬身差で1番ブラストワンピースと13番サンレイポケット。2馬身開いて9番ヒンドゥタイムズ、その内に2番アフリカンゴールドが続き、さらに2馬身後ろの最後方が10番ペプチドオーキッドとなった。1000mの通過タイムは62.9秒。遅いペースで楽に逃げるユニコーンライオンは4コーナーで後続との差を広げにかかる。

 直線に入り、ユニコーンライオンが3馬身ほどのリードを取る。2番手はショウナンバルディとワイプティアーズが争い、最内からブラストワンピースが上がってきた。ペースが遅かっただけに後方勢は苦しい。残り200mでユニコーンライオンは独走状態。ショウナンバルディが2番手で粘るも差は縮まらず、ブラストワンピースも3番手に上がるまで。

 最後はユニコーンライオンがショウナンバルディに3.1/2馬身差をつけてゴール。重賞初制覇を果たした。2着ショウナンバルディから3/4馬身差の3着はブラストワンピース。サンレイポケットは6着、サトノソルタスは7着(同着)、ヒンドゥタイムズは11着だった。勝ちタイムは2分0秒7(良)。

厳選予想 ウマい馬券