11R
根岸S
15:45発走 / ダ1400m (左) / 天候:晴 / 馬場:良
1回 東京 2日目 サラ系4歳以上 オープン       (国際)(指) 別定 16頭
本賞金:3800,1500,950,570,380万円
  • Course コース詳細
  • IPAT連携

競馬記者の決断 鈴木正の予想

img_yoso

鈴木正

鈴木正の見解

※1/18時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 本命はコパノキッキング。前走で見せた出遅れからのド迫力の追い込みは凄かった。距離がわずかに長いのでは?という疑念は承知の上。この馬のスケールの大きさに敬意を表して重い印を打つ。

 サンライズノヴァは前走、距離もわずかに長かったがパドックで力みも目立った。見直しは可能。マテラスカイは中央の軽めの砂の方が向く。先手にこだわりたいところ。

 ユラノトは重賞でも戦える馬。相性のいいルメールに鞍上が戻るなら見逃せない存在になる。

血が騒ぐ 平出貴昭の予想

img_yoso

平出貴昭

平出貴昭の見解

※1/18時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 ◎マテラスカイの父スペイツタウンの産駒はJRAで23頭が走り18頭が勝ち上がり、計52勝。本馬の他にもリエノテソーロ(全日本2歳優駿)、モズスーパーフレア(カーバンクルS)など、かなりの確率で上級馬を送っている。

 東京ダート1400mの成績も13戦3勝、2着2回、3着3回と極めて安定。本馬はダート1400mの日本レコードホルダーでもあり、得意の舞台だろう。

 ○ケイアイノーテックは初ダートだが、母ケイアイガーベラは同距離のプロキオンSを4馬身差で圧勝している、ダート短距離のスペシャリスト。逃げ先行タイプだった母はこのレースでは8着に敗れているが、差しタイプの本馬は、NHKマイル勝ち馬でもあり、ダートになってもこのコースは合うだろう。

魅せるデータ力 伊吹雅也の予想

img_yoso

伊吹雅也

伊吹雅也の見解

※1/20時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 コース適性が最大のポイント。「“前年以降、かつ東京、かつオープンクラスのレース”において5着以内となった経験のない馬」は2014年以降[0-0-0-36]と苦戦していました。

 また「前走の距離が1600m未満だった馬」は2014年以降[0-3-2-47]、「前走の条件が“平地競走”、かつ前走の4コーナー通過順が2番手以内だった馬」は2014年以降[0-1-0-18]なので、こちらに該当する馬も評価を下げるべきだと思います。注目はクインズサターンサンライズノヴァの2頭。いずれも特に不安要素が見当たりませんし、脚質を含めこのレースが合っていそうなタイプです。

元騎手ならではの視点、展開重視 鈴木麻優の予想

img_yoso

鈴木麻優

予想印
4ケイアイノーテック(7人気)
6モーニン(6人気)
12サンライズノヴァ(1人気)

鈴木麻優の見解

※1/20時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 東京コースで行われるレースで、直線が長いので差しがききやすいです。終いの足を持っている子を中心に買いたいと思います。本命視しているのはケイアイノーテックです。終いの足が鋭い子で、G1勝ちもあるくらい地力があります。今回は初ダートになりますが、血統面から、適性がありそうですし、人気しにくい初ダートはむしろ買いだと思います。

最速予想 netkeiba編集部の予想

img_yoso

netkeibaデスク

netkeiba編集部の見解

※特別登録段階の予想ですので回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 ダート1400mではオープン特別は多数行われるが、JRA重賞はプロキオンS根岸Sの二つのみ。ダートのスプリンターにとっては数少ない大舞台となる。フェブラリーSへのステップとして臨む馬に加えて、ここを大目標とする短距離型が多数参戦して、毎年激しい戦いが繰り広げられる。スピード豊富な短距離馬が流れを作ることが、このレース特有の傾向の大きな原因になっている。

1.差し・追い込み型が優勢

 直線が長い東京コースで豪華メンバー。先行馬が仕切って押し切るのは、簡単なことではない。過去10年で先行してこのレースを勝った馬は、2009年のフェラーリピサ(重馬場)と2016年のモーニン(稍重馬場)だけ。乾いた馬場ならば、差し・追い込み馬を狙うのがセオリー

2.短距離専業では厳しい

 過去10年間、前走で1600m以上の距離を使われていた馬が6勝していて、勝率15%。前走同距離の5%、距離延長の1.8%を大きく上回っている。より長い距離を走り慣れている経験が、最後のひと押しに繋がるのではないか。

3.若い馬が中心

 このカテゴリーでは高齢馬がいつまでも幅を利かせるケースが多いが、このレースでは例外だ。過去10年で4歳馬が2勝、5歳馬が4勝していて、2着も両世代で合計6頭。連対率でもこの2世代が25%を超える。軸は若くて勢いのある馬から選びたい。

 サンライズノヴァは東京ダートでは重賞2勝を含めて[6-3-0-2]。昨年のフェブラリーSでも4着に好走した。昨年のこのレースでもレコード決着を同タイムの2着。流れが速くなりやすいこのレースは、豪快な差し脚を武器にするこの馬にはうってつけの舞台だ。

 ユラノトギャラクシーSでタイム差なしの2着。昨夏には東京ダート1400mで準オープンを勝っているように、現状はこの距離が一番安定感がある。過去5勝とこの馬の全勝ち星を挙げているルメール騎手を確保して勝負の一戦になる。コパノキッキングカペラS制覇など1200mで3連勝中だが、差す競馬が板に付いた今ならば今回の距離も問題ないだろう。初経験となる左回りをこなせれば。

 ケイアイノーテックは昨年のNHKマイルCの勝ち馬。今回が初ダートになるが、母がダートのオープンで活躍したケイアイガーベラだけに、不安より楽しみのほうが大きい。以下、ワンターンとなる中央競馬なら見直せるマテラスカイ、一時期のスランプは脱した印象のモーニン、このコースではたびたび穴を開けているサトノファンタシー

好配当連発 netkeiba関東本紙の予想

img_yoso

netkeiba関東本紙

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

12

相手

1

2

4

11

15

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

11

相手

1

2

4

15

16

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

2

相手

1

4

11

15

16

30通り 各100円

netkeiba関東本紙の見解

【上位拮抗】サンライズノヴァは末脚堅実でコース相性も上々。ひと息入るも気配良好で差し切りに期待。コパノキッキングは連勝で波に乗る。力をつけるとともに自在性も増しており好勝負十分。ユラノトも力量アップ顕著で動きも迫力十分で重賞初Vも可能。ケイアイノーテックは初ダートでレースぶりに注目。マテラスカイも力量劣らず、クインズサターンキタサンミカヅキなども侮れない。

データから好走馬だけを絞り込む! 浅野靖典の予想

img_yoso

浅野靖典

予想印
11コパノキッキング(2人気)
12サンライズノヴァ(1人気)
15キタサンミカヅキ(9人気)
1クインズサターン(5人気)
2ユラノト(3人気)
6モーニン(6人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

11

相手

1

2

6

12

15

10通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

11

2着

12

相手

1

2

6

15

24通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

11

2着

15

相手

1

2

6

12

24通り 各100円

浅野靖典の見解

【差し注意】11コパノキッキングは決め手上位で東京コースも合うとみて中心視。12サンライズノヴァは東京コースで大崩れが少なく、この距離も歓迎材料といえるだろう。15キタサンミカヅキはしぶとく差を詰めるタイプで今回も善戦以上が狙えそう。1クインズサターンは初距離でどうかだが、前崩れの展開なら一発の可能性が出てきそうだ。2ユラノトは好位差しの形が取れそうで上位争いが十分。この距離で良さが出そうな6モーニンも押さえておく。

徹底データ分析 コンピューター予想の予想

img_yoso

コンピューター予想

予想印
1クインズサターン(5人気)
5ラブバレット(16人気)
16マテラスカイ(4人気)
6モーニン(6人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単BOX

1

5

6

16

12通り 各400円

3連単BOX

1

5

6

16

24通り 各200円

コンピューター予想の見解

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

至高の頭脳 須田鷹雄の予想

img_yoso

須田鷹雄

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
3連複フォーメーション
1着

12

2着

1

2

相手

1

2

3

6

13

15

16

11通り 各900円

須田鷹雄の見解

 前走内容の良い馬、4,5歳馬、距離短縮組などがこのレースでの良い条件。今回は1200mタイプで上位人気になる馬もいるので、逆に1400-1800mタイプを重視していきたい。

 ◎は格もコース適性もあるサンライズノヴァで仕方ないところ。ただし脚質的にアタマ付けは怖いので馬券は3連複。フォーメーションの2列目は距離短縮組の○クインズサターンと、前々走以前でマイルにも対応できることを示している▲ユラノト

「優馬」看板予想家 佐藤直文の予想

img_yoso

佐藤直文

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連

11

-

12

1点 4000円

馬連流し

12

相手

1

8

2通り 各1500円

馬連流し

12

相手

2

4

6

3通り 各1000円

佐藤直文の見解

 東京ダート1400mのレコードは、昨年のこのレースでマークされた1分21秒5で、脚抜きの良い重馬場もあったが、前半3ハロンが33秒9という芝並みのハイラップを踏んでいた。その昨年のみならず、このレースでは速い流れになりやすいのだが、遅くなったとしても前との差が縮まって追走できるため、追い込み型に不利とはならない。

 ◎はサンライズノヴァ。前走のチャンピオンズCでは同じ脚質のウェスタールンドが2着に浮上したが、内を器用に立ち回って追い込んだ同馬とは違い、とにかく不器用で外を回らざるを得ない馬だけに、6着という結果も仕方あるまい。ここは昨年のレコード決着でタイム差なしの2着を素直に信頼すべきであり、東京であれば距離を問わず何があっても伸びてくる馬だ。

 相手は、コパノキッキングへが大本線となるが、大穴として狙ってみたいのがヤマニンアンプリメだ。以下は、クインズサターンモーニンユラノトケイアイノーテックまで押さえる。

アグレッシブ予想 藤村和彦の予想

img_yoso

藤村和彦

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

12

相手

1

2

3

9

13

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

3

相手

1

2

9

13

16

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

1

相手

2

3

9

13

16

30通り 各100円

藤村和彦の見解

【小波乱】サンライズノヴァは決め脚上位。立ち回りがうまいサトノファンタシー。このコースが合うクインズサターンが続く。

元祖“情報” 田沼亨の予想

img_yoso

田沼亨

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

12

相手

1

2

3

8

11

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

2

相手

1

3

8

11

16

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

11

相手

1

2

3

8

16

30通り 各100円

田沼亨の見解

東京6勝で重賞勝ちが示すように地力で勝る12サンライズノヴァが有力。展開に注文はつくが決め脚を発揮できれば昨年2着の雪辱を晴らす。次位は2ユラノトで先行力がありうまく仕掛ければチャンスは十分。▲は11コパノキッキングで成長著しく一発の魅力を秘める。

“絶対数感”の持ち主 大石川大二郎の予想

img_yoso

大石川大二郎

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

12

相手

1

2

3

6

11

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

16

相手

1

2

3

6

11

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

2

相手

1

3

6

11

16

30通り 各100円

大石川大二郎の見解

根岸Sは指数が機能するレース。平均値トップの関西馬ならば◎サンライズノヴァをそのまま軸として評価する。問題はここからの相手探し。1200mでは鬼のように強い☆コパノキッキングもこの距離だと少しツメは甘くなるのかも。相手は○マテラスカイ、▲ユラノトのほうにした。△まで侮れないメンバーが並ぶ。

ラップ理論を駆使 丹下日出夫の予想

img_yoso

丹下日出夫

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

12

相手

2

3

4

11

15

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

4

相手

2

3

11

15

16

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

12

2着

11

相手

2

3

4

15

16

30通り 各100円

丹下日出夫の見解

【迷いなし】サンライズノヴァの脚質は極端な追い込み、直線の攻防には毎回ハラハラさせられる。だが、東京コースは6勝、1400ダートは[2200]、鞍上の戸崎も追い出しに迷いが少ない。昨年の根岸Sでは、後にフェブラリーSを制するノンコノユメと1分21秒5のレコード決着をハナ差2着にしのぎあった。二走前の武蔵野Sも1400m通過・1分22秒5というよどみのないタフな流れを1分34秒7という好タイムにまとめて快勝。追い込み馬の1馬身余という着差は、逃げ・先行レースなら3馬身以上の楽勝に匹敵し、この一年間での成長度合いが武蔵野Sでも見てとれる。二週にわたり坂路でハード追いを敢行、仕上げにも狂いなし。

 逆転があればケイアイノーテック。3歳春のNHKマイルは完成度の高さや総合力で芝マイルも勝てた。しかし古馬混合の芝GIの瞬発力決着は、あとひと押しが足りない。だが、よく見れば菅骨は太い、筋肉量も豊富。母ケイアイガーベラは全9勝のうち、プロキオンSなど1400ダートで7勝をマークしている。ダート初挑戦になるが、ゴールドアリュールヴァーミリアンメイショウボーラーも、最初の使い出しは芝だった。どこかで転機があるものだし、ケイアイも根岸Sで一変。ふたを開ければダートシーンを牽引する逸材する、58キロでもなるほどなぁと思う結果がレース後に待っているかもしれない。

 コパノキッキングは目下3連勝。藤森Sの出遅れを契機に追い込み馬へと大変身を遂げたが、カペラSはレースの上りを1秒9も上回るオニ脚で一気差し。あの加速ラップなら1F延長も卓上の計算ではOK、ある程度の人気は背負うだろうが、まだチャレンジャーとしての組み立てが許される。

 兵庫GPは後手に回り5着に凡走したが、マテラスカイは、コース形態の似たプロキオンSを1分20秒3のレコードで逃げ切った快速馬。ユラノトギャラクシーSを1分21秒5で2着、じんわり着実に力をつけている。キタサンミカヅキJBCスプリントに続きカペラSも3着と崩れなし。中央勢が時計のかかる馬場に苦戦するようなら一角崩し。

厳選予想 ウマい馬券