11R
フローラS
15:45発走 / 芝2000m (左) / 天候:晴 / 馬場:良
2回 東京 2日目 サラ系3歳 オープン       (国際) 牝(指) 馬齢 18頭
本賞金:5200,2100,1300,780,520万円
  • Course コース詳細
  • IPAT連携

競馬記者の決断 鈴木正の予想

img_yoso

鈴木正

予想印
2シャドウディーヴァ(2人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
12エアジーン(7人気)
13フォークテイル(5人気)
3エトワール(10人気)
10セラピア(1人気)

鈴木正の見解

※4/12時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 東京向きの決め手を秘めるシャドウディーヴァ。狭いところを割って突き放した未勝利Vが出色だった。開幕週の時計の速い勝負にも対応可能。

 フェアリーポルカは手応え良く差し切った前走が完勝。東京への輸送さえクリアすれば面白い。エアジーンも底を見せない。東京で決め手がさらに生きる可能性もある。フォークテイルはキャリアこそ浅いがレースはうまい。まだまだ伸びしろがありそうだ。

魅せるデータ力 伊吹雅也の予想

img_yoso

伊吹雅也

予想印
18フェアリーポルカ(4人気)
17レオンドーロ(14人気)
10セラピア(1人気)
12エアジーン(7人気)
4ウィクトーリア(3人気)
9ジョディー(9人気)

伊吹雅也の見解

 臨戦過程が最大のポイント。「前走との間隔が中6週以上だった馬」は2015年以降[0-0-2-28]ですし、「“同年3月以降、かつJRA、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において3着以内となった経験のない馬」も2015年以降[0-0-2-41]と優勝争いに食い込めていません。

 さらに「前走の4コーナー通過順が7番手以下だった馬」は2015年以降[0-0-1-27]と不振。これらの条件をクリアしている出走予定馬はセラピアフェアリーポルカレオンドーロくらいですし、実績上位のフェアリーポルカは特に高く評価して良いと思います。

血が騒ぐ 平出貴昭の予想

img_yoso

平出貴昭

予想印
12エアジーン(7人気)
3エトワール(10人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
4ウィクトーリア(3人気)
10セラピア(1人気)
16クラサーヴィツァ(16人気)

平出貴昭の見解

※4/12時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 ◎エアジーンはいとこにヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2連覇)、シュヴァルグラン(ジャパンC)、ヴィブロス(ドバイターフ)がいる良血。ハービンジャー産駒は2017年のこのレースで12番人気モズカッチャンと10番人気ヤマカツグレースがワンツーを決めて大波乱を演出している。

 ○エトワールハービンジャー産駒で、祖母グローリアスデイズは2004年のこのレース2着。近親にフサイチコンコルド(日本ダービー)、アンライバルド(皐月賞)、ヴィクトリー(皐月賞)などがいるお馴染みの名牝系だ。

元騎手ならではの視点、展開重視 鈴木麻優の予想

img_yoso

鈴木麻優

予想印
18フェアリーポルカ(4人気)
9ジョディー(9人気)

鈴木麻優の見解

※4/14時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 このレースはコースの形態から最初のコーナーでごちゃつきやすく、繊細な牝馬が集まるレースでここでリズムをくずしがち。精神面での成長も鍵になります。

 本命はフェアリーポルカです。デビューして3戦で底を見せていない成績と、レースでの器用さがあります。混戦の中でもうまく立ち回れる子だと思うので今回はこのこから。

最速予想 netkeiba編集部の予想

img_yoso

netkeibaデスク

予想印
3エトワール(10人気)
12エアジーン(7人気)
4ウィクトーリア(3人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
7アモレッタ(11人気)
10セラピア(1人気)
17レオンドーロ(14人気)

netkeiba編集部の見解

※特別登録段階の予想ですので回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 桜花賞から中1週で、トップクラスは不在。一見低調な組み合わせになることがほとんどだが、2017年のモズカッチャンをはじめ、チェッキーノデニムアンドルビーサンテミリオンなど、本番で勝ち負けになる馬がしばしば輩出されている。メンバーレベルは低くても、レースの性格としてはオークスと共通する面が少なくないのだろう。3歳牝馬がはじめて本格的なスタミナを問われるレースと言えるかもしれない。

1.桜花賞路線の延長戦ではない

 過去10年間の連対馬20頭のうち、前走で1600m以下の距離を使っていた馬は2頭のみ。東京芝2000mはこの時期の牝馬にとってはタフな条件なので、マイル以下の距離とは求められるものが違ってくる。桜花賞戦線に乗りかけた馬が転身してくるケースが少なくないが、そこでの実績を鵜呑みにはできない。

2.前走が条件戦でも問題ない

 一時期はフラワーCから回ってきた馬が主力を占めていた時期があったが、フラワーC組の勝利は2010年が最後。以降の8年間では、前走が500万条件だった馬が5勝、オープン特別だった馬が1勝で、未勝利戦だった馬も2勝している。

3.凡走馬の巻き返しは困難

 過去10年の連対馬のうち、前走4着以下に敗れていた馬は3頭だけ。過去4年に限れば皆無だ。2018年はチューリップ賞で4着だったサラキアが2番人気で4着、クイーンCで4着だったオハナが3番人気で14着。前走がハイレベルなレースであっても、一度壁にぶつかった馬の巻き返しは容易ではない。

 エトワールは前走ミモザ賞で2着に敗れたが、4コーナーで狭くなって仕掛けが遅れての結果で、勝ち馬との力量差は感じられない。長く脚を使えるので広いコース向きで、東京芝2000mは未勝利戦を勝った舞台でもある。祖母のグローリアスデイズフローラS2着、その母のグレースアドマイヤも4歳牝馬特別(フローラSの前身)で3着。近親には2017年の青葉賞を勝ったアドミラブルもいて、遅咲きながらこの季節に力をつけてくる血統だ。

 エアジーンミモザ賞の勝ち馬。ここまで3戦とキャリアが浅く、まだ伸びる余地は大きい。ウィクトーリアは前記両馬を前走で負かしている。札幌2歳Sでも2番人気に支持された素質馬が本物になりつつあるようだ。

 フェアリーポルカ若駒Sで牡馬の強豪を相手に3着した実績があり、スタミナ勝負は望むところだろう。以下、相手なりに走って大崩れしないレオンドーロ、1戦1勝ながら素質は高いアモレッタセラピア

好配当連発 netkeiba関東本紙の予想

img_yoso

netkeiba関東本紙

予想印
10セラピア(1人気)
13フォークテイル(5人気)
6ウインゼノビア(12人気)
9ジョディー(9人気)
4ウィクトーリア(3人気)
8パッシングスルー(6人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

10

相手

4

6

8

9

13

18

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

10

2着

13

相手

4

6

8

9

18

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

10

2着

6

相手

4

8

9

13

18

30通り 各100円

netkeiba関東本紙の見解

【混戦】セラピアは既走馬相手のデビュー戦を楽勝。キャリア浅く走りも粗削りながら脚力非凡でいきなりの重賞挑戦でも勝ち負け。フォークテイルは前走2着もエンジンが掛かってから伸び目立つ。久々も反応良化し好勝負十分。ウインゼノビアは本来の動き戻り巻き返し期待。ジョディーは東京で崩れなく鞍上とも好相性。ウィクトーリアも見劣らず、フェアリーポルカパッシングスルーなども差はない。

データから好走馬だけを絞り込む! 浅野靖典の予想

img_yoso

浅野靖典

予想印
3エトワール(10人気)
2シャドウディーヴァ(2人気)
5ペレ(8人気)
16クラサーヴィツァ(16人気)
4ウィクトーリア(3人気)
13フォークテイル(5人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

3

相手

2

4

5

13

16

10通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

3

2着

2

相手

4

5

13

16

24通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

3

2着

5

相手

2

4

13

16

24通り 各100円

浅野靖典の見解

【伏兵注意】3エトワールは詰めひと息の成績でも、コース替わりならしぶとさがいきるとみて主軸に指名。2シャドウディーヴァは前走ひと息もこの条件なら差し脚が届く可能性が十分ある。5ペレはしぶとく差を詰めてくるタイプで上位食い込みに要警戒。16クラサーヴィツァは実績的に劣勢だが、立ち回りひとつで流れ込みが可能だろう。4ウィクトーリアは展開次第だが主導権を取れれば残り目がありそう。13フォークテイルは休み明けでも素質を秘めており、連下の候補として挙げておきたい。

徹底データ分析 コンピューター予想の予想

img_yoso

コンピューター予想

予想印
13フォークテイル(5人気)
15ヴィエナブロー(15人気)
17レオンドーロ(14人気)
10セラピア(1人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単BOX

10

13

15

17

12通り 各400円

3連単BOX

10

13

15

17

24通り 各200円

コンピューター予想の見解

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

「優馬」看板予想家 佐藤直文の予想

img_yoso

佐藤直文

予想印
18フェアリーポルカ(4人気)
4ウィクトーリア(3人気)
13フォークテイル(5人気)
9ジョディー(9人気)
3エトワール(10人気)
8パッシングスルー(6人気)
10セラピア(1人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連

4

-

18

1点 3000円

馬連

13

-

18

1点 2500円

馬連

9

-

18

1点 1500円

馬連流し

18

相手

3

8

10

3通り 各1000円

佐藤直文の見解

 最近5年の連対馬10頭のうち、実に7頭が前走500万条件からの臨戦。中でも、君子蘭賞組は〔1・2・1・4〕と優秀な数字だ。

 ◎は、その勝ち馬フェアリーポルカとした。その勝ちっぷりも上がり3ハロンは最速で文句なしであり、2走前の若駒Sも、皐月賞でアタマ差惜敗のヴェロックスに付いて行って2分1秒3なら、高く評価できる。開幕週の馬場にも不安はなく、大外枠が嫌われて人気を落とすようなら、馬券的にも絶好の狙い目と見た。

 相手は、ウィクトーリアフォークテイルへが本線で、以下は、ジョディーセラピアエトワールパッシングスルーまで押さえる。

アグレッシブ予想 藤村和彦の予想

img_yoso

藤村和彦

予想印
18フェアリーポルカ(4人気)
4ウィクトーリア(3人気)
2シャドウディーヴァ(2人気)
11ネリッサ(18人気)
3エトワール(10人気)
12エアジーン(7人気)
16クラサーヴィツァ(16人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

18

相手

2

3

4

11

12

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

18

2着

4

相手

2

3

11

12

16

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

18

2着

2

相手

3

4

11

12

16

30通り 各100円

藤村和彦の見解

【小波乱】フェアリーポルカはセンス上々。ウィクトーリアはスピード豊か。シャドウディーヴァは立ち回りがうまい。

元祖“情報” 田沼亨の予想

img_yoso

田沼亨

予想印
10セラピア(1人気)
5ペレ(8人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
4ウィクトーリア(3人気)
3エトワール(10人気)
12エアジーン(7人気)
13フォークテイル(5人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

10

相手

3

4

5

12

13

18

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

10

2着

5

相手

3

4

12

13

18

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

10

2着

18

相手

3

4

5

12

13

30通り 各100円

田沼亨の見解

デビュー戦を桁違いの末脚で差し切った10セラピアを推す。キャリア2戦目となるが潜在能力の高さから重賞でも通用する。次位は5ペレで自在に立ち回れるタイプで距離延長はプラス。▲は18フェアリーポルカでスタミナは豊富で好走は必至。

ラップ理論を駆使 丹下日出夫の予想

img_yoso

丹下日出夫

予想印
4ウィクトーリア(3人気)
10セラピア(1人気)
2シャドウディーヴァ(2人気)
13フォークテイル(5人気)
5ペレ(8人気)
12エアジーン(7人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

4

相手

2

5

10

12

13

18

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

4

2着

10

相手

2

5

12

13

18

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

4

2着

2

相手

5

10

12

13

18

30通り 各100円

丹下日出夫の見解

【振出し、出発点に戻る】ウィクトーリアの資質信頼。母は秋華賞馬、兄ブライトエンブレム(父ネオユニヴァース)は札幌2歳S勝ち、アストラエンブレム(父ダイワメジャー)はエプソムC2着。2歳夏デビューの兄たちにならい、ヴィクトワールピサ産駒の本馬も、昨夏7月・函館デビュー。開催最終週に芝1800mを、従来の記録を1秒3も塗りかえる1分48秒3で新馬を圧倒した。一昔前よりは確実に速くはなっているが、時計の出にくい洋芝で、上り3Fのラップは11秒7-11秒6-11秒6(34秒9)。GI級のエンジンを搭載しているのが読み取れる。

 しかし、この一族はフレームが華奢。レコ勝ちの反動もあったのだろう。馬体が細くなり腰が尖り、札幌2歳S赤松賞と凡走が続いたが、前走で造り直しを完了。10キロ増のぶんだけトモ回りが充実。パドックの周回もドッシリ感が増し、1000m通過は60秒9のマイペースに持ち込み、ラスト3Fは12秒0-11秒2-11秒4でフィニッシュ。余力残しで走破タイムは1分47秒9をマークした。この馬体を念頭に置き、中間微調整も完了。最終追い切りは、チップを被らせても我慢、戸崎のコントロールが効いている。

 逆転があればセラピアの能力。母は北米4勝、AW8.5FでGI勝ち。現5歳グレンマクナス(父ディープインパクト)は、桜花賞の一週前、中山の1800ダートを7馬身差で500万を圧倒。一つ上の全姉サラスは現役3勝。高速決着にやや苦戦しているものの、何かしら姉も、大仕事をやってのけそうな、妙に気を引く血統です。全妹のセラピアは、母ララアの毛色を受け継いだ、484キロの大ぶりな芦毛。毛色は異なるものの身体のラインは父のオルフェーヴルにもよく似ている。

 デビュー前調教もかなり動いていたが、3月30日の阪神・芝1800mは、スタートも決まり、やる気満々に二番手。手応えはビンビン、直線を向いても馬なり、残り2F標識でもまだもったまま。いつ追うのかなと眺めていたら、ムチひとついれず、馬なりでゴールイン。ちなみに1000m通過は1分4秒0の超スローとはいえ、上りラップは推定11秒1-10秒9-11秒3(3Fは33秒3)。目に見える10秒台のHラップをマークした。ハードなローテと、キャリアを慮り慎重に二番手評価に止めたが、17日のCWの加速力も満点。

 三番手はシャドウディーヴァ。東京2000mは4戦[1210]。持ち時計は2分0秒9、上りは33秒4を計測。フラワーCは初の右回り、コーナー4つの中山。エンジンがかかったのは直線半ばだったが、東京に舞台を移せば上位二頭のどちらかを食いとる可能性もある。フォークテイルも、若竹賞2着で、オークスを逆算する形でフローラS出走を決定。前回は11秒9-11秒0-11秒8(3Fは34秒7)というレースの上りに対し、自身のソレは34秒4。坂上からグイグイと、11秒前半の好ラップで詰め寄ってきた。

 フェアリーポルカ君子蘭賞もかなり優秀。1000m通過は59秒2のタフなミドルで展開、ラスト3Fのレースラップは11秒3-11秒8-12秒3(3Fは35秒4)、勝ち馬の上りは34秒8。終わってみれば、メインの毎日杯より0秒4も速い1分46秒8。前崩れの展開に恵まれたことも確かだが、このタイムと勝ち星は将来の宝物。古馬となり、牝馬中距離重賞のひとつはいける計算式が成り立つ。ハミ受けや時計決着、左回りにも課題を残しているが、エアジーンの新馬・1分49秒4という記録は将来の重賞を予感。

至高の頭脳 須田鷹雄の予想

img_yoso

須田鷹雄

予想印
5ペレ(8人気)
10セラピア(1人気)
2シャドウディーヴァ(2人気)
18フェアリーポルカ(4人気)
3エトワール(10人気)
4ウィクトーリア(3人気)
7アモレッタ(11人気)
8パッシングスルー(6人気)
16クラサーヴィツァ(16人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
3連複軸1頭流し

5

相手

3

4

7

8

16

10通り 各100円

3連複フォーメーション
1着

5

2着

2

10

18

相手

2

3

4

7

8

10

16

18

18通り 各500円

須田鷹雄の見解

 過去のフローラSを振り返ると、前走オープン組は人気薄で激走というケースがまずなく、的中頻度のために組み入れる必要はあるがそれ自体がおいしいというわけではない。

 馬券のポイントになるのは前走500万条件組、特に1800m戦から来た馬と、負けてきた馬だ。負け組も馬券になるというのがポイントで、もちろん単に弱くて負けてきたというケースは話にならないが、事情によってはここで買う価値が出てくる。

 ◎ペレはそんな1頭と見る。前走はここにも出ている△ウィクトーリアに負けているが、当時はかなりのスローで逃げた△に有利だった。コーナー4つの1800mから3つで直線の長い2000mに替わることは明らかに△より◎に有利。今年は前走オープン組に強そうな馬がいないこともあり、馬券圏内食い込みは可能と見る。馬券は3連複で2列目に人気どころを置き、3列目は手広くいく。余った1000円で◎軸の相手△△も。

“絶対数感”の持ち主 大石川大二郎の予想

img_yoso

大石川大二郎

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

2

相手

4

8

10

12

13

18

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

2

2着

12

相手

4

8

10

13

18

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

2

2着

18

相手

4

8

10

12

13

30通り 各100円

大石川大二郎の見解

100レベルくらいはいつでも出せそうな数字を持っている馬たち。今回指数を伸ばせるタイプが馬券になるのだろう。抜擢したいのは◎シャドウディーヴァ。2走前同距離コース97で前走も101と上げている。もう一段上があれば勝てるレベル。前走同様ならば馬券にはなれる。相手に○エアジーンと▲フェアリーポルカ。一発に☆ウィクトーリア

厳選予想 ウマい馬券