11R
菊花賞
15:40発走 / 芝3000m (右 外) / 天候:晴 / 馬場:良
4回 京都 7日目 サラ系3歳 オープン       (国際) 牡・牝(指) 馬齢 18頭
本賞金:12000,4800,3000,1800,1200万円
  • Course コース詳細
  • IPAT連携

レース回顧

■ワールドプレミアが最後の一冠を制す! 武豊騎手は5度目の菊花賞制覇

 先行争いから10番カウディーリョが抜け出しハナ。2番手に9番ヴァンケドミンゴがいて、外から18番メイショウテンゲンも先行策。4番ユニコーンライオンはインに控えて13番ヴェロックスはこの外。15番ホウオウサーベル、16番ナイママも外目から位置取りを上げてきた。

 1週目のスタンド前、中団インの前に5番ワールドプレミア。これをマークするように12番レッドジェニアル。2馬身開いて1番ザダルと14番サトノルークス。更に2馬身差の後方に7番ヒシゲッコウ、17番タガノディアマンテ、2番ニシノデイジー。更に開いて8番メロディーレーン、3番カリボール、最後方に6番ディバインフォース、11番シフルマンという隊形。最初の1000mは...

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

厳選予想 ウマい馬券