11R
日本ダービー
15:40発走 / 芝2400m (左) / 天候:晴 / 馬場:良
2回 東京 12日目 サラ系3歳 オープン       (国際) 牡・牝(指) 定量 18頭
本賞金:20000,8000,5000,3000,2000万円
  • Course コース詳細
  • IPAT連携

競馬記者の決断 鈴木正の予想

img_yoso

鈴木正

鈴木正の見解

※5/17時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 ダノンキングリーが逆転で頂点へ。皐月賞では内を突いたが、進路確保にわずかに時間を要し、1、2着馬とも少し離れてしまった。ぴたりと併せていたら、もう少しファイトを燃やせたかもしれない。皐月賞の着順をひっくり返す可能性はあるとみる。

 サートゥルナーリアも当然有力。皐月賞を使っての上積みは大きいはずだ。ヴェロックスは距離延長歓迎。ダービーも、やはり皐月賞上位馬の争いになるはずだ。

血が騒ぐ 平出貴昭の予想

img_yoso

平出貴昭

平出貴昭の見解

※5/17時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 ◎シュヴァルツリーゼ母ソベラニアは独オークス2着馬で、近親には00年ザムーム、06年スキャパレリ、14年シーザムーンと3頭の独ダービー馬がいる。ドイツ牝系と言えば、本馬の母の父モンズンや10年のダービーエイシンフラッシュの一族や、マンハッタンカフェブエナビスタソウルスターリングの一族が日本で成功。この牝系も同様のポテンシャルを秘めている。

 ○ランフォザローゼス父キングカメハメハ、母の父ディープインパクト日本ダービー馬。ちなみに、母の父ディープインパクトの馬が日本ダービーに出走するのは初となる。さらに、いとこに2015年の日本ダービードゥラメンテがいて、祖母はオークスエアグルーヴというお馴染みの良血。ダービー馬に相応しい血統と言えるだろう。

魅せるデータ力 伊吹雅也の予想

img_yoso

伊吹雅也

伊吹雅也の見解

※5/19時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 実績や距離適性を素直に評価したいレース。「“JRA、かつ1800m以上、かつ重賞のレース”において優勝経験のない馬」は2015年以降[0-0-1-37]、「“JRA、かつ2000m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において優勝経験のない馬」は2015年以降[0-0-0-30]と、それぞれ苦戦しています。

 また「出走数が6戦以上だった馬」は2015年以降[0-1-0-33]、「前走の条件が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が6位以下だった馬」は2015年以降[0-0-0-31]。出走権を確保するまでに要したレース数や、前走の末脚も重要なポイントです。

 特別登録を行った馬のうち、これらの条件をすべてクリアしているのはサートゥルナーリアレッドジェニアルの2頭だけ。いずれもそれなりに高く評価すべきでしょう。

元騎手ならではの視点、展開重視 鈴木麻優の予想

img_yoso

鈴木麻優

予想印
7ダノンキングリー(3人気)
4サトノルークス(8人気)

鈴木麻優の見解

 競馬の祭典と呼ばれる日本ダービー。東京の2400メートルで行われるレースで、パワーとスタミナを要し、力通りに決まりやすいです。

 本命視しているのは、ダノンキングリーです。過去にはアドマイヤマーズに勝っており、実績は見劣りしません。器用さも兼ね備えている子で、前走は差のない3着。東京は適性抜群のコースなので楽しみです。

最速予想 netkeiba編集部の予想

img_yoso

netkeibaデスク

netkeiba編集部の見解

※特別登録段階の予想ですので回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 全ホースマンが夢見る舞台。以前は「最も運がある馬が勝つ」とももてはやされていたが、近年は紛れが少なく東京巧者がきっちり結果を出している印象だ。昨年は31年ぶりに1・2・3番人気の馬全てが馬券外に敗れるという波乱の決着となったが、今年はどんなドラマが待ち受けているだろうか。

1.乗り替わりがどう出るか

 過去10年で連続騎乗だった馬の成績は(10・8・7・95)なのに対し、乗り替わりになった馬の成績は(0・2・3・53)と低迷。勝ち馬に関して言えば、乗り替わりでの優勝例は85年のシリウスシンボリまで遡らなければならない。今年は比較的乗り替わりの多いダービーとなりそうだが、結果に及ぼす影響は果たして。

2.前走皐月賞組が中心も

 過去10年で16頭の連対馬、9頭の勝ち馬を出している前走皐月賞組。その中でも巻き返してくるのは皐月賞で差し届かなかった馬だ。特に近年では4角10番手以下から差し届かなかった馬がダービーで巻き返してくるケースが目立つ。また連覇した2頭はいずれも皐月賞では上り最速をマークしていた(11年の皐月賞は東京2000m)ことからも、中山2000mから東京2400mに舞台が変わり、より末脚が求められてくると考えてよいだろう。

3.フレッシュな馬が強い

 過去10年の成績をそれまでの出走回数別で比較してみると、ダービーまでの出走が6戦以内だった馬は(8・9・9・91)なのに対し、7戦以上を経てきた馬は(2・1・1・57)と不振気味。過去3年に限定すれば、馬券になった9頭全てが5走以内の経験でダービーまで駒を進めてきていた。フレッシュな状態で本番を迎えられるかというのも一つの重要なファクターとなる。

 ダノンキングリーは前走の皐月賞でタイム差なしの3着。上位2頭に比べスパートのタイミングが遅れたが、しっかり末脚を伸ばし最後までじりじり詰め寄った。共同通信杯で32.9の上がりをマークし快勝したように、東京にコースが変わるのは明らかにプラス。高速馬場も追い風となる。

 サートゥルナーリア皐月賞を優勝。破竹の4連勝でここまで駒を進めてきた。初の東京、そして2400mという距離にも不安はない。一つ割り引くとすれば乗り替わりだろう。ヴェロックス皐月賞2着馬。4着馬には2馬身差を付けているように世代トップクラスの能力は証明済み。稽古も順調で、雪辱を果たす準備は整って来ている。

 クラージュゲリエ皐月賞で低評判を覆し5着。デビュー直後は緩さが目立っていたが、使われるごとにメキメキと成長してきた。以下、前走の青葉賞を2着、本番を見定めたローテで臨んでくるランフォザローゼス皐月賞は出遅れが響いたが上がりは上々だったアドマイヤジャスタ

好配当連発 netkeiba関東本紙の予想

img_yoso

netkeiba関東本紙

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

6

相手

1

4

7

12

13

18

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

6

2着

13

相手

1

4

7

12

18

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

6

2着

7

相手

1

4

12

13

18

30通り 各100円

netkeiba関東本紙の見解

【上位拮抗】サートゥルナーリアは能力の高さに疑いの余地なく動きも絶好。距離鍵もレースぶりに隙はなく二冠達成に期待。ヴェロックスは前走以上の反応で万全アピール。距離適性では上回り強力なライバルダノンキングリーも脚力見劣らず瞬発力勝負なら出番十分。アドマイヤジャスタも推進力十分で上位の候補。ロジャーバローズも前走以上で、サトノルークスシュヴァルツリーゼなども侮れない。

データから好走馬だけを絞り込む! 浅野靖典の予想

img_yoso

浅野靖典

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

6

相手

4

7

13

14

18

10通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

6

2着

7

相手

4

13

14

18

24通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

6

2着

14

相手

4

7

13

18

24通り 各100円

浅野靖典の見解

【軸不動】6サートゥルナーリアは前走後の上積みも見込めそうで、実力上位とみるのが妥当。7ダノンキングリーも好走続きで、ここでも先行策からの伸び脚に期待ができる。14ランフォザローゼスは前走惜敗も再度の差し脚発揮に注意が必要。18シュヴァルツリーゼは前走大敗も決め手勝負の形になれば台頭の余地が出てきそうだ。13ヴェロックスは相手なりに走れそうなタイプで連下にマーク。4サトノルークスはスタート五分なら上位まで。

至高の頭脳 須田鷹雄の予想

img_yoso

須田鷹雄

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
3連単

13

7

6

1点 1000円

3連単フォーメーション
1着

6

13

2着

6

13

相手

7

2通り 各1500円
3連単フォーメーション
1着

6

13

2着

6

13

相手

12

14

4通り 各1000円
3連単フォーメーション
1着

13

2着

12

14

相手

6

2通り 各500円
3連単フォーメーション
1着

13

2着

7

相手

12

14

2通り 各300円
3連単フォーメーション
1着

13

2着

12

14

相手

7

12

14

4通り 各100円

須田鷹雄の見解

 先週のオークスは別路線組の1、2着となったが、桜花賞オークス以上に皐月賞ダービーは強固なつながりがあり、過去10年の優勝馬もキズナ以外は皐月賞組。今年は皐月賞が残り600mから加速ラップで、かつ上位人気馬の上位独占。年によっては皐月賞ダービーで好走馬が入れ替わるパターンもあるが、今年の皐月賞ダービー向きの馬が上位を占めてしまった=そのまま皐月賞上位組が好走=今年のダービーは堅いと見ている。

 しかし、少しでも高配当の組み合わせは盛り込みたいところ。そこで◎ヴェロックス、○サートゥルナーリアのシルシ順とし、◎○平等な馬券を仕込んだうえで◎からの高配当馬券も少し混ぜておく。◎が先着するという根拠は馬場。仮柵位置こそレースによって違えど、昨年のオークスダービー、JC、そして先週のオークスと東京芝2400mのGIで4角6番手以下から馬券に絡んだのは先週のラヴズオンリーユーしかいない。高速化して以降、スタミナのある馬は前付けしても止まらない傾向にある。◎○で道中位置が前なのは、たとえこの枠順でも◎のほうだろう。

徹底データ分析 コンピューター予想の予想

img_yoso

コンピューター予想

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単BOX

1

7

10

12

12通り 各400円

3連単BOX

1

7

10

12

24通り 各200円

コンピューター予想の見解

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

「優馬」看板予想家 佐藤直文の予想

img_yoso

佐藤直文

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連

6

-

13

1点 4000円

馬連流し

6

相手

7

14

2通り 各1500円

馬連流し

6

相手

10

12

15

3通り 各1000円

佐藤直文の見解

 ヴィクトリアマイルのJRAレコードに続いて、先週のオークスもまた従来の記録をコンマ8秒も上回るレースレコード決着と、開催が進んでも時計が出る超高速馬場。加えて今週からはCコースへ替わり、優先すべきは爆発的な瞬発力よりも、長くいい脚が使えるスピードの持続力ではないだろうか。そういう点でも、皐月賞で4着以下に決定的な差を付けた上位3頭の好走確率はかなり大きい。あとは割って入る馬がいるかどうかだ。

 ◎は、サートゥルナーリア。見た目にも辛勝だった皐月賞は、良くて8分の仕上げだったもので、2・3着馬との能力差は明らかに着差以上だ。その前走からの上積みで9分を超えたと思える仕上りなら、負けられないところだろう。乗り替わりについては、前走もそうだったのだから不安はなく、これだけ体幹がしっかりとしている馬だけに、鞍上が替わっても走りにブレはない。ましてレーン騎手なら、何の心配があろうか。

 相手は、ヴェロックスへが大本線だが、瞬発力が武器のダノンキングリーよりも、ランフォザローゼスのスピードの持続力を上位に取った。以下は、クラージュゲリエリオンリオンアドマイヤジャスタまで押さえる。

アグレッシブ予想 藤村和彦の予想

img_yoso

藤村和彦

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

7

相手

1

3

6

11

12

13

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

7

2着

6

相手

1

3

11

12

13

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

7

2着

13

相手

1

3

6

11

12

30通り 各100円

藤村和彦の見解

【小波乱】ダノンキングリーは瞬発力上位。センス上々のサートゥルナーリアヴェロックスは長くいい脚を使える。

元祖“情報” 田沼亨の予想

img_yoso

田沼亨

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

13

相手

4

6

7

11

12

14

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

13

2着

6

相手

4

7

11

12

14

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

13

2着

7

相手

4

6

11

12

14

30通り 各100円

田沼亨の見解

上昇度と距離延長から13ヴェロックス皐月賞2着の雪辱を晴らす。自在に立ち回れるタイプでうまく仕掛ければ直線一気だ。次位は6サートゥルナーリアで潜在能力は高く2冠のチャンスは十分。▲は7ダノンキングリーで2勝と東京は相性が良く逆転の余地はある。

ラップ理論を駆使 丹下日出夫の予想

img_yoso

丹下日出夫

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

6

相手

7

12

13

18

8通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

6

2着

13

相手

7

12

18

18通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

6

2着

7

相手

12

13

18

18通り 各100円

丹下日出夫の見解

【皐月から差は開く】サートゥルナーリア皐月賞の辛勝を戒めにダービーでさらなる飛躍を果たす。

 皐月賞の体重は前走比マイナス4キロの496キロ、ホープフルSより仕上げの精度はアップしていた。しかし、身体の造りはまだ水っぽい。GIにはギリギリの研磨が必要、2着敗退もあるのではないか?――ふと怖さの念も沸いてきたが、多少緩い身体でも、返し馬でグッとハミをとった時の肩や首の入れ方と推進力は尋常ではない。

 好スタートを決め2コーナーを抜けるまでにある程度のポジションをうかがい、1000mは59秒1のミドルペースで通過。追い出しを開始したラスト3Fのレースラップは11秒7-11秒6-11秒4(34秒7)。GIという舞台でこの加速ラップには、馬だってビックリ。初めてムチを入れられ、全力で走っても手強い相手がいることにも驚いたが、最後は頭差押圧。「競馬は甘くない」――辛勝ゆえ逆に、ダービーへの覚悟もかたまったか。

 ちなみに1分58秒1というタイムは、過去10年では4番目。全体時計に特別感はないけれど、上り3Fははっきりとした加速ラップを提示しており、Hペースや展開に助けられたわけではなく、自らの力でゴール板に向かい加速続けており、「ダービーは、皐月賞でもっとも速い、印象的な脚を使った馬を狙え」という、古くからの格言が、サートゥルナーリア以下上位2頭にピタリと当てはまる。

 これまでのレースを見ると、皐月賞も含め右回りはトップギアに入るまで、勝負どころで一瞬モタつく面を見せるが、左手前で走る東京替わりはプラスと陣営は読んでいるし、単純にダービーは、モタつきを許さないほど、ギリギリに身体も作ってくるだろう。実際皐月の時よりは、脂肪が抜け、後肢もきちっと入るようになり、立ち姿の腰の位置が高くなっている。鞍上はレーン。手代わりに不足なし。

 精密でタフな上りラップを思うと、今年の皐月賞上位馬は相当に強力だ。対抗は素直に皐月2着のヴェロックスを推奨したい。

 2歳秋の野路菊賞や東京スポーツ杯の頃は、数字はともかく胸前が薄い。腰が固まり切れず、ここぞというところでもうひと押しが効かなかった。

 ただ、2歳秋の東スポ杯の頃から、返し馬のスケール圧巻。四肢や胸、腰に力が付けば必ずダービーの舞台に、主役に近い形でくるだろうという思いを抱いていたが、若駒S若葉Sと、陣営と川田が手塩にかけ心身を磨き、GI仕様の動き出しを丁寧に教え込んできた。不利を被り結果2着に敗れたものの、皐月賞でもっとも早くスパートを開始し、勝ちに行ったのはヴェロックス

 すらりとした四肢と背中を思えば急坂の中山よりは東京のほうがいい。木曜日発表の体重は482キロ(皐月は478キロ)、中間また一段、後肢を中心として全身に筋肉がつき身体も張ってきた。

 ダノンキングリーの凄みを帯びた造りと瞬発力も特筆モノ。返し馬のスピードは、世代間ではもちろん、古馬GIクラスと見比べてもなお秀一なきらめきがある。刻んできた時計も、ひいらぎ賞は1分33秒7、共同通信杯・1分46秒8は過去十年で第二位、上り32秒9という超速ラップでイン強襲を決めている。

 皐月賞も外二頭と通ったコースはまったく別。競り負けて力尽きて3着に落ちたのではなく、馬体をあわさることのないままの3着。決して勝負付けが終わっているワケではない。

 ただ、共同通信杯皐月賞も、インがぽっかり空いたことのは確か。2400mで外々を回して同じ脚がつかえるかとなると判断に迷う(それでも決して大きくは負けないだろうが)。

 一発大駆けがあれば、キングギドラ級の怪獣シュヴァルツリーゼの大外強襲。デビュー戦は、上り12秒-11秒1-11秒0(3Fは34秒1)というレースラップに対し自身のソレは33秒6。ラスト2F・推定10秒5前後の猛烈な末脚を駆使。弥生賞も大外をブン回し、最速の上りで大外強襲も決めた。

 皐月賞はキャリア不足もあったが、重馬場を走った反動もあったかもしれない。良馬場、東京替わりで激変。終わってみれば奇跡のダービー馬――桁違いの馬だったんだなと、後々考えることになるかもしれない。

 皐月賞の上位3頭は少なくとも2頭は崩れない。連下を探してもアドマイヤジャスタ止まり。京都新聞杯青葉賞などの別路線組に、今年は時計やラップ的根拠を強調したい馬が少ない。

“絶対数感”の持ち主 大石川大二郎の予想

img_yoso

大石川大二郎

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

13

相手

1

6

7

10

12

14

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

13

2着

6

相手

1

7

10

12

14

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

13

2着

7

相手

1

6

10

12

14

30通り 各100円

大石川大二郎の見解

今年は皐月賞の指数は高く、荒れた昨年とは違う指数傾向に。前走値では3強が抜けている。しかし平均値と前走値が筆頭だったのはなんと◎ヴェロックス。ならばここから仕掛ける。相手に○サートゥルナーリアと▲ダノンキングリーでシンプル判断。ここから一角崩しができる馬のチョイスに。前走値111☆クラージュゲリエ、109△アドマイヤジャスタと前走値110レベルは一応評価する。残る△に一発タイプを。

厳選予想 ウマい馬券