11R
愛知杯
15:25発走 / 芝2000m (右) / 天候:小雨 / 馬場:重
1回 小倉 1日目 サラ系4歳以上 オープン       (国際) 牝(特指) ハンデ 16頭
本賞金:3600,1400,900,540,360万円
  • Course コース詳細
  • IPAT連携

競馬記者の決断 鈴木正の予想

img_yoso

鈴木正

鈴木正の見解

※1/11時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 エリザベス女王杯4着の実績を重視してセンテリュオ。いい切れ味を秘め、古い話だが準オープン卒業時の競馬が非常に強かった。間隔を空けた方が走る。

 パッシングスルーは昨年の紫苑Sの覇者。勝負どころでポジションを上げる機動力を持っているのは強み。サラキアは小倉で過去に白星あり。逃げても控えても大丈夫で脚質に幅がある。デンコウアンジュは相変わらず切れ味鋭い。ここも展開がハマれば。

元騎手ならではの視点、展開重視 鈴木麻優の予想

img_yoso

鈴木麻優

予想印
16サラキア(3人気)
2センテリュオ(1人気)

鈴木麻優の見解

※1/13時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 今年は小倉芝2000mで行われるレース。このコースは小回りコースなので内枠が有利になりますし、今回は開幕週ということもあり断然前に行ける子から買いたいです。

 本命視しているのは、サラキアです。以前はスタート難を抱えていた子ですが、近走はそれを克服し好位からの決め手を使えるようになりました。過去に小倉を1度使われ勝ち星を挙げているのでコース適性も問題ないでしょうし相手関係から強気で狙いたい一頭です。

魅せるデータ力 伊吹雅也の予想

img_yoso

伊吹雅也

伊吹雅也の見解

※1/13時点での想定に基づいた予想になっておりますので、回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 実績馬と前走を勝ち切っている馬が中心。「“前年以降、かつJRA、かつ1800から2000m、かつ重賞のレース”において5着以内となった経験がない、かつ前走の着順が2着以下だった馬」は2016年以降[0-1-0-28]と苦戦していました。

 また「出走数が23戦以上だった馬」は2016年以降[0-0-1-25]。キャリアが豊富過ぎる馬は過信禁物と見るべきでしょう。

 今年のメンバー構成なら、4歳のパッシングスルーフェアリーポルカ、コース替わりがプラスに働きそうなサラキアセンテリュオあたりが楽しみです。

最速予想 netkeiba編集部の予想

img_yoso

netkeibaデスク

netkeiba編集部の見解

※特別登録段階の予想ですので回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 真冬の牝馬中距離重賞。今年は京都競馬場改修工事に伴う開催日程の変更のため、9年ぶりに小倉で開催される。牝馬限定戦になって以降に小倉で行われた10・11年の愛知杯、そして過去10年の冬から春シーズンにおける小倉芝(11年-19年1回開催、10年3回開催、11年2・3・5回開催)の成績を踏まえて傾向を探っていきたい。

1.中・長距離指向の血統

 過去10年の冬から春シーズンにおける小倉芝2000mの成績(新馬・未勝利除く、牝馬のみ)を種牡馬の着別度数順に見てみると、1位から順にハーツクライマンハッタンカフェダンスインザダークジャングルポケットハービンジャー。夏と比べて時計が掛かりがちなこともあって、中・長距離志向の重厚な血統が活躍しやすくなっている。なお、ディープインパクト産駒は[0-3-2-25]で、このシーズン牝馬は勝ち星がない。

2.差し・追い込みが優勢

 小倉芝2000mは2コーナーから4コーナーにかけてだらだらと下っていくコース形態であり、他コースに比べて後方待機組に展開が向くレースになりやすい。牝馬限定戦ともなるとなおさらその傾向が顕著になるのか、11年の愛知杯は前総崩れの結果となっており、10年も勝ち馬こそ好位で立ち回った馬だったが、2-5着は道中後方待機から上がり3F3位以内の末脚を使った馬が独占した。

3.ローカルに替わっての巻き返し

 昨年はエリザベス女王杯で11着に敗れていたワンブレスアウェイが巻き返し1着。16年は前走マーメイドSで15着だったバウンスシャッセが一変して優勝している。ローカルに舞台が替わる以上、前走中央場所での結果はあまり参考にならない。


 レイホーロマンスの巻き返しに期待。前走の万葉Sで上がり2位の末脚を使って4着と善戦するなど、長い末脚はまだまだ健在。17年の再転入後は小倉で勝ち上がっており、18年の小倉記念では強敵相手に最速の上がりで4着と、小倉への適性も見せている。牝馬限定ハンデ戦ならチャンスは十分にあるだろう。

 アルメリアブルームは初重賞挑戦となった前走のエリザベス女王杯で8着。勝ち馬と0.7秒差なら悲観する内容ではない。過去の戦績からして持続力を求められるレースの方が合っており、ここで巻き返しを期待できるだろう。パッシングスルーは前走秋華賞で10着。京都が合っていなかったようで参考外としたい。ローカルで見直したい。

 ポンデザールは前走展開が全く合っていなかった。それ以前に4連勝しているように能力は確かで、この馬もローカルに替わって一変する余地は十分にありそう。以下、パッシングスルーと同じく前走はそもそもコースが合っていなかったフェアリーポルカ、距離どうかも小倉で2戦2勝のカレンシリエージョ、実績上位のデンコウアンジュ

元祖“情報” 田沼亨の予想

img_yoso

田沼亨

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

2

相手

1

5

7

8

14

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

2

2着

16

相手

1

5

7

8

14

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

2

2着

14

相手

1

5

7

8

16

30通り 各100円

田沼亨の見解

休養効果で気配は良好な2センテリュオが主力。小倉実績があり能力でカバーできる。対抗は16サラキアで地力は上位で早め仕掛けで好走は必至。▲は14フェアリーポルカで条件はベストで巻き返しは十分。

徹底データ分析 コンピューター予想の予想

img_yoso

コンピューター予想

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単BOX

2

5

8

9

12通り 各400円

3連単BOX

2

5

8

9

24通り 各200円

コンピューター予想の見解

各馬の上昇度・脚質・騎手・調教師・血統データを「先週最も儲かった」設定で解析。導き出された4頭の馬単・3連単ボックスで勝負!

なお、プレミアムサービス(※)にご登録されますと、中央競馬全レースで、上昇度・脚質・騎手・調教師・血統の項目を自由にカスタマイズして予想することができます。各レース情報ページの予想タブから「CP予想」にお進みいただき、ご利用ください。

※netkeiba.comのスマートフォン版・競馬総合チャンネルでは、プレミアムコースにご登録されますとご利用頂けます。

攻めの予想 netkeibaローカル本紙の予想

img_yoso

netkeibaローカル本紙

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

7

相手

2

3

5

6

8

14

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

7

2着

14

相手

2

3

5

6

8

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

7

2着

8

相手

2

3

5

6

14

30通り 各100円

netkeibaローカル本紙の見解

【難解】昨夏の小倉での勝ち方が鮮烈だった7アロハリリー。今回、ある程度行きたい馬が揃っており、その集団を見ながらの競馬が出来る。優位な立場。14フェアリーポルカは2走前が味な競馬。馬体併せたいだけに、どこかで内に入れたい。8パッシングスルーは関東馬も早くからここを目標。小回りも向く。

“絶対数感”の持ち主 大石川大二郎の予想

img_yoso

大石川大二郎

予想印
2センテリュオ(1人気)
16サラキア(3人気)
8パッシングスルー(2人気)
14フェアリーポルカ(6人気)
1サヴォワールエメ(7人気)
7アロハリリー(4人気)
10ランドネ(12人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

2

相手

1

7

8

10

14

16

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

2

2着

16

相手

1

7

8

10

14

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

2

2着

8

相手

1

7

10

14

16

30通り 各100円

大石川大二郎の見解

今年は変則で小倉で行われる愛知杯。過去にも小倉はあるがそれは12月開催だった。過去データはあまりアテにならない。平均値上位がハンデ上位。そこから◎センテリュオと○サラキアをそのまま評価する。次点に4歳から▲パッシングスルーと☆フェアリーポルカ。さらに小倉は走る△アロハリリーなど。

至高の頭脳 須田鷹雄の予想

img_yoso

須田鷹雄

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
複勝

9

1点 4000円

3連単1着流しマルチ
1着

9

相手

1

6

7

8

16

60通り 各100円

須田鷹雄の見解

 前走条件戦組や軽ハンデ馬も好走するレースなので、敢えての格下タイプ+今年施行される小倉コースに適性のありそうな馬を選びたい。ここは◎リリックドラマで穴を狙う。コース実績が豊富なわけではないが、逃げ馬だけに小倉芝2000mがマイナスということはないはず。どうやってもヒモ抜けしそうなレースなので、ハマったらラッキーという3連単マルチを買ったうえで、複勝を本音の馬券とする。

ラップ理論を駆使 丹下日出夫の予想

img_yoso

丹下日出夫

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬単1着流しマルチ
1着

16

相手

2

5

6

8

13

14

12通り 各300円

3連単1着2着流しマルチ
1着

16

2着

2

相手

5

6

8

13

14

30通り 各100円

3連単1着2着流しマルチ
1着

16

2着

8

相手

2

5

6

13

14

30通り 各100円

丹下日出夫の見解

【弾ける】サラキアの躍進に注目。母サロミナは独オークス馬、現3歳の弟サリオスは昨年の朝日杯FSを楽勝した良族。本馬も3歳春チューリップ賞4着、フローラS4着。クラシック参戦は逃したものの、夏の小倉・青島特別(芝1700m)を1分39秒5、後続を0秒6差と突き放すレコード勝ちを演じ、GIIローズSは2着に食い込んだ。

 馬体調整に苦労した時期もあったが、腰回りに筋肉が付き発馬が決まるようになり、エプソムC2着で重賞戦線に再浮上。2200mのエリザベス女王杯は気持ち距離が長く、勝負どころで窮屈なシーンもあり0秒4差の6着に終わったが、平坦小倉の2000mなら好位差しで弾ける。

 対抗はエリザベス女王杯4着センテリュオ。祖母はエヴリウィスパー、近親は天皇賞レコ勝ちを決めたトーセンジョーダン。晩成系だけにオープン到達は4歳6月のマーメイドSとなったが、まだ完成途上の段階でも小倉2000mの都井岬特別で1分57秒6という快記録をマーク。直線平坦の京都2000mでは32秒8という出色の末脚を計測したこともあり、小倉10ハロンという舞台はベスト。

 明け4歳パッシングスルーは、春はフローラS4着、秋はGIII紫苑Sを1分58秒3で制した。秋華賞はHペースを好位追走、勝ちに行ったぶん10着と終いが甘くなってしまったが、平坦に新味を残しGIIIなら好勝負。小倉への輸送も栗東経由で万全を期す。

 紫苑S2着馬フェアリーポルカは、パッシングと力量・適性は、まったくの互角といっていい。

 追い比べの展開になればマーメイドS2着馬レッドランディーニの差し込み。56キロでもデンコウアンジュの末脚が怖い。

厳選予想 ウマい馬券